google02db1933bc2b9b8c.html 平磯シラサで遠投かご釣りGO!
2014年9月から始めた「平磯海釣公園でのカゴ釣り日記及び自作釣具」等などの紹介をしています。2016年は釣行記も投稿していく予定です。

2019年04月19日

大潮はつらいぜ‼️

明石海峡はなんたって潮が速い。




平磯もそう。




素直には流れてくれない。複雑怪奇極まりなく、潮見表を裏切ることもしばしば。





特に大潮。横に仕掛けを流す平磯にとって潮の攻略は不可欠。




知っとかないと、周りとトラブルになってしまう。




沖60mを仮定した場合の話。




マダイの食い気が上がるのは潮止まり前、反転直後後。




これが実に厄介で60mラインは潮が止まりそうでも、手前〜30mはすでに反対に流れ出している。
image.png





特に土日は周りの釣りを把握しておかないと、お祭りは避けられない。





両軸リールはナイロンを使うが、主流はPE。お祭りするとなかなか解けない。タイムロスももったいない





状況把握も釣果に繋がる。




春は沖50m〜80mでよくあたるので、各潮、各ラインの流れを掴んで釣果アップに。




さあ、日曜日釣るぞ50アップ‼️
posted by 中井 祐介 at 08:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

次回4月21日(日)出撃‼️

さあ、気配も出てきたしエエ感じ。







次回4月21日日曜日平磯GOの予定。






激流の大潮
image.png








昼からはなんとかなりそう。







午前中はえらい川になる。







激流の大潮の時って、平磯初心者の人らが激流に心折れて、昼ごろ帰るので結構空いてたりする。







昼からも何回が早くなるけど、緩む時間もあるんでその時がチャンス。夕方からは激流予想、それまでになんとか釣りたい。






いつもの詰所前が空いてたら嬉しいけど。







マダイの釣果は平磯のホームページとマックス情報くらいしかないんで、もう釣ってる人おりそうやね。コソッと。







50アップが釣りたい‼️






posted by 中井 祐介 at 08:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

キャスティングのこつ‼️

ライトカゴ釣りに替えても負荷がかかり、穂先ポキッ!





以前に撮ったスクリーンショットを見てみると、えらい竿曲がってる。





10号のオモリで仕掛けはトータル75gの頃。
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png





なるほど折れる訳や(笑)





平磯の場合後ろが一段高くなってるので、ちょっと投げにくい。





竿の振り幅が短くなり、力の伝え方にこつがいる。





イメージは荷を乗せて、乗りきったところからスイングスピードを上げ、角度40度のとこで放出。




上手く説明出来な〜い!




平磯で直接伝えた方が早いか(笑)




体感で覚えてしまってる。




スピニングと違い振り切らず、押し出す感じ。




スリクォーターで投げるが、自分が思ってるよりサイドになってるので、オーバーで投げるイメージやとちょうでスリクォーターになるような。





話変わって。




今日から潮が新しくなって中潮初日。
image.png




中潮→大潮→中潮となり、水温も上がりこの2週間でマダイも釣れるはず。




GWにはシラサが多分なくなるので、初物ゲットしたい人は今がチャンス。




4月中には50アップが釣りたい‼️

posted by 中井 祐介 at 07:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

くせが弱いハリス‼️

最近使ってるダイヤフィッシングのハリス
image.jpeg





カゴ釣りの場合ハリスが3ヒロと長いので、半分に折りたたみ投げる。多少時間が経てばくせがつく。が、全くくせがない。なので棚についてから海中でハリスがクチャクチャになることがない。




海中でハリスが消えてるかどうかは定かではないが(笑)





なかなかの逸品‼️






オススメです。船ハリスで一番かな。







前はダイワのこれ
image.jpeg





悪くはないけど多少のくせはやっぱりつく。




話変わって。





ライトカゴ釣りに暗雲があ・・・・!




ヤフオクで1万で買った旧波濤穂先ポキッ‼️
image.jpeg




オモリ負荷5〜10号でも、かなりしならせて投げるんで悲鳴を上げたみたい。





やっぱり遠投3号両軸用がええんかな。





そうすると350gくらいになって重い、出来れば300g以内にしたい。ゴツいタックルってなんかカッコが良くないし。




で、インプレッサ3号53HR買ってもうた。フカセ用。
image.jpeg
image.jpeg





昨日使った感じではまあやれそう。スピニング対応なんで、両軸リールをつけるとガイドが上向きになる。IMガイドにウキ止めが当たってるが、飛距離に影響を及ぼす程やない。





後は耐久性が問題。





来シーズンの自作はスピニング用遠投3号を両軸用に改造て決まり‼️





なかなか難しいライトカゴ釣り。
posted by 中井 祐介 at 08:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

大会結果‼️

雨もなんとかもってくれ、やる気はあったものの
image.jpeg






大会結果は惨敗。





が、エサが取られる回数が増えて来た。






7時〜8時の間にモンスター2回ヒットするが、なす術なし!






特に2回目は超ド級重戦車。1分程やりとりしたが、ハリス4号プッチン‼️竿折られるかと思った。






マダイらしきヒットはなし。






大会結果はメバルで1位、3位で平磯常連さんが入賞。ナイスです!メバルはやっぱりエビ撒きが強い。
image.jpeg





マダイ、スズキ、チヌの部はハネ54cmが1位!





大会はそんな感じやったけど、新たな課題発見。






今日はずっと東風。5mくらい。






右利きの釣り座の場合、ハリスが立ち位置より右に流れやりにくい。
image.png






取り回しも考えないと手返しが悪くなる。





んー風を制するはカゴ釣りを制するか!
posted by 中井 祐介 at 15:22| Comment(0) | カゴ釣り回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

最高クルクル天秤作りました‼️

絡み防止に効果抜群「クルクル天秤」作ってみました。




天秤も買うとバカにならない。




簡単に作れて、仕掛け絡みからのストレスフリー。




これ
image.jpeg





まず1mmのステン棒用意。たいがい釣り具屋さんに売ってるやつ。
image.jpeg




10cmくらいで曲げる。だいたいでオッケー。
image.jpeg




これがコツでこの田舎っぺ大将の涙のようにポケットを作る。
image.jpeg





ポケットの空間でカゴが動くように。空間がないとカゴがぴったりくっついて、着水時などで絡んでしまう。




あとはこの形にペンチでクイっと。
image.jpeg




第一工程終了。




次に、




バイスにオモリ作りで失敗したオモリを固定。
image.jpeg





あとは3.4回巻きつける。
image.jpeg





10cmくらいでカットし、100均で買ったビーズを入れる。
image.jpeg




端を曲げて、釣り具屋さんに売ってる圧縮チューブ3mmをライターで溶着。
image.jpeg
image.jpeg
image.jpeg





天秤は完成。





クッションゴムは曲げたところに焼いたナイフをあて、少し溶けたら素早く手で押さえる。20秒くらい。慣れるまではちょっと熱いが。
image.jpeg
image.jpeg





先の圧縮チューブを天秤とハリス側サルカンにつけて完成
image.jpeg
image.jpeg




慣れてくれば15分くらいで作れるし、材料費も安い。




ウキ、カゴもええのになんで絡むん?って人はクルクル天秤に替えるのもひとつかな。






posted by 中井 祐介 at 09:06| Comment(0) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

4月14日大会に向けて準備‼️

今日も仲間内の常連さんが平磯GO‼️




厳しい状況でエサすら取られなかったとの事。





やっぱり活性低い。





4月14日の大会も厳しそう。





当日6時〜9時半の間ってまだ水温低いし、さらに活性は低いと思われる。




少しでもあたる可能性を上げるしかない。





針は6号カン付き伊勢尼。活性が上がればグレ7号に替えるけど。
image.jpeg







これにウキ止め糸を付ける
image.jpeg






するとシラサがまっすぐになり、水平泳法でより自然体を演出。
image.jpeg






これにしてから40アップ率が上がったような。土曜日もこれ。





ウキ止め糸を針に付けても針掛かりはノープロブレム!





家族が寝てから作ろっと!
posted by 中井 祐介 at 22:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

ピンポイント釣法‼️

土曜日釣ったマダイのお腹はシラサだらけ‼️






1回の撒き餌のシラサは少ない。手のひらサイズのカゴ。
image.jpeg






活性が上がってくると、腹にシラサはほとんどない。マダイの数が多いから。






が、おそらくまだ多くのマダイは接岸していないので、1匹が食べるシラサの量が増える。






確実に1匹にシラサを食わせる。






投げるポイントがバラバラになるとそれが出来ない。






ピンポイントに投げ続けることが大事。






が、これが難しい。






今のタックル飛距離の限界が70〜80m。






ポイントを50mにしたいなら限界の力で潮上に向かって斜めに投げる。こうすると毎回同じところに投げることが出来る。ライトなんで思い切りなげても軽いし、なんちゃない。疲れナッシング!





投げる力は全力。後はまっすぐなのか、斜めに投げるのかで距離を調整する。





同じところに投げ続けると1匹のマダイにもきっちりアピールする事が可能。




ライトに変えて正解。以前のタックルなら限界がブイの向こうだったので、漁船に仕掛けを持って行かれることもあった。その心配今はナッシング。




最近平磯の一番のグッドラインは50m付近かなと思うし。






それより手前はこの時期は厳しいかな。





ようやくライトカゴがしっくり来だした。





話変わって。





本日チングーくんもマダイゲット。
image.jpeg





カゴはアッパーロケットミニ
image.jpeg





土曜日東でちょっと話をさせて頂いたカゴ師の方もアッパーロケットミニで初物ゲットされていました。






平磯ではドンピシャなカゴかも。





その上が中井カゴやけど(笑)






さあ次は4月14日の大会、頑張るぞ‼️


posted by 中井 祐介 at 20:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

平磯開幕、31cm、41cm‼️

ようやく平磯開幕。





例年に比べ早くに釣れたけど、今年の水温を鑑みオープン戦が長すぎた!






12時〜17時いつもの詰所前で店開き。
image.jpeg







が、反応ナッシング。東流れが早い。





5歳児チビチビガッシーゲット!
image.jpeg






今日はこれで終わり?





潮は昼から良さげやのに。
image.png






15時から変な西流れ。2枚潮ぽいし、手前だけ東に流れてる。






が、ドラマは終盤16時から。





東流れがトロトロ流れ出した。





何か気配がありそう。




直後目の覚めるウキスポン‼️





叩いてる。




サイズは大した事はないが、めっちゃくちゃ嬉しい!




31cm
image.jpeg






今日はこれで充分と思ってると、ウキがスポン‼️





41cm
image.jpeg






開幕ですね。






あまりに嬉しいんで親子で記念撮影!
image.jpeg






初物は持ち帰り
image.jpeg







針の号数を落として正解
image.jpeg






消えるハリスのおかげ?(笑)
image.jpeg






まだまだ活性は高くないので、ジアイをいつか見極めないと勝負にならないかも。





今のところ夕方は激アツかな。





さあ、人の活性も上がるでしょう。





posted by 中井 祐介 at 21:18| Comment(10) | カゴ釣り回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

平磯釣り大会4月14日‼️

何々、平磯で4月14日大会あるやん‼️




マダイも対象魚。
image.gif




スズキ、マダイ、チヌの部って相変わらずマダイの価値が低いなぁ⤵︎スズキ、チヌは大阪湾にかなりおるけどマダイは陸っぱりからそうは釣れんのに、同列かーい!




不本意だがルールがそうなら従うしかない。




当日は長潮
image.png





朝イチはまだ潮速そう。長潮は読めないけど、8時くらいから勝負かな。




朝イチはみんな殺気立ってるんで、周りが釣れずに飽きてくる8時くらいから本気モードでやろう。




まだシーズンインしたばっかりやし、マダイのエントリーはないかも。チヌで決まりそうな予想。




でも大会久しぶりやし、常連さんらと和気あいあいやれそうで楽しみ。




準備は怠らず。




リールオイルを買いにエイトに行くと
image.jpeg




このオイル最高です。





怪しげなハリス発見。





海中でハリスが消えるらしい。しかも漁師さんお墨付きらしい(笑)
image.jpeg





買ってもうた。





準備万端‼️
posted by 中井 祐介 at 20:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

5連続ノーフィッシュ‼️

今日は夜勤明けからの平磯GO‼️




久しぶりの平日釣行。春休みで人は結構多かったけど。





13時〜17時9番詰所前にて店開き。





image.jpeg






小潮
image.png





ウキスポン1回あったものの針がかりせず。マダイっぽかったけど、残念。





エサは毎回残ったまま。





が16時から6連続でシラサ取られてる。ただウキスポンはナッシング。急に活性が上がった感じ。





西流れと東流れが手前のあちこちでぶつかる潮になった途端。狙いの沖70mは西流れのまま。若潮の時によくある潮。





で、かじられてるんじゃなく丸々取られてる。フグっぽくない。





水温も日中は13度越えてたので、その時❗️も時間の問題でしょう。





今日は平磯の大工さん的職員さんから「手返しくん1号」を褒められた。嬉しい。アイデアが面白いだって。





これホンマ手返し早くなるんでオススメです。今日も電車釣行でしたがパイプ2本なんで持ち運びも苦にならない。
image.jpeg
image.jpeg





イレクターパイプとU字ボルト、ナットがあれば簡単に出来ます。





穴開けは金属用のドリルがいりますが、それさえクリアしたら完成。






久しぶりにしゃがんでみたらしんどかったし‼️もう手放せない。





また何かアイデアが浮かんだら便利アイテム考えます。





その前に釣らなあかんけど(笑)


posted by 中井 祐介 at 20:37| Comment(2) | カゴ釣り回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

アブパーツはヤフオクで‼️

カゴ釣りをするにあたって、アブのリールがないと話にならない。





それくらい重宝、いや宝物ってくらい大切な相棒です。






今4600を使っていますが、手に入りにくいパーツもあるのでそんな時はヤフオクをくまなくチェック。





両サイドのカップが1380円で出品されていたので、即買い。
image.jpeg






カップ内やスプール周りのパーツは結構付け替えがききますが、カップはそのものが欲しい。





image.jpeg






これでIARがダメになっても替えがきく。まあ、そうそうならんけど。




posted by 中井 祐介 at 08:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

自作カゴ、メーカー品にない味わい‼️

平磯に特化したカゴ作りを常に考えてます!




メーカー販売のカゴを作ってる人って、多分、いや全く平磯の事は知らないはず。当たり前か。




例えばアッパーロケットミニ
image.jpeg





例えば棚撒きシャトル
image.jpeg





これらはさすがメーカー品、金を取るだけのことはある。精巧な作りです。





が、シラサ使用じゃない。あくまで一般的なカゴ。言うなればこだわりには特化していない。





僕と同じタイプのカゴを作って、シラサ使用の人限定の話ですが。





カゴの開きは1cm程度。
image.jpeg







1cmならシラサをカゴに入れるのに大変。





そこでここに通常パイプを2.3cm程入れるが、ナッシングで。
image.jpeg





すると上カゴがズレ、シラサが入れやすくなる。
image.jpeg





浮力体の穴も大きくし、よりズレやすくしてる。
image.jpeg







棚に着き、上カゴが開き、波にカゴが揺られてシラサが自力で海中に放たれる。ドバッとは出ない。





もちろん飛行中もカゴが開いたりはしない。





ウキは重心をちょこっと前に持って来てる。
image.jpeg





これはこれから南風、平磯では向い風に対応するため。




秋からは重心をちょこっと後ろに持って来る。






メーカー品にはない釣り人目線。





平磯は自作がオモローです。





参考になれば嬉しいですが。





posted by 中井 祐介 at 21:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

カゴオモリの変遷‼️

カゴオモリにこだわりたい人へ!





だいたい自作でカゴを作れるようになると、市販の丸、ナツメがもの足りなく感じる。





なんとか自作出来ないものか?





多分飛距離は丸、ナツメと変わらない。が見た目とオリジナリティが欲しくなる。これ重要。





昔から色々考えてました。





普通にナツメのカゴ。
image.jpeg




63g。重いなぁ。




棒オモリを切って
image.jpeg
image.jpeg




そのまま棒オモリを使うと、下カゴに食い込むんでこのように切ってたような。




ちょこっと先をとがらせてみたり
image.jpeg




切らずに食い込み解消で、ナツメに結束バンドを接着。段差を付けてみた。
image.jpeg
image.jpeg




で、行き着いたのがやっぱり鋳型からの鋳造。
image.jpeg





これが一番いい。




鋳型さえ作れれば後は鋳込むだけ、結構簡単!




オモリ作りにこだわる人は色々やってみて!考えてる時面白いから。
posted by 中井 祐介 at 08:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

カゴ素材‼️

自作の壁として「カゴ」作りは悩むところ。



ウキは割とすぐに作れたけど・・・・!




だいぶカゴは苦労しました。




素材を旋盤で回し、カッター1つで流線を出す。最初はかなりいびつな流線やったような。





素材そのままでも作ることは可能。が、そうするとカゴ全体が重くなる。出来ればオモリに荷重をかけ飛ばしたい。そうなると素材は削ることになる。




これが結構大変。




チラホラ聞くのが「物干しキャップ」でカゴを作り、自分はしたことはないですが。





こんなやつ
image.jpeg
image.jpeg





色付き
image.jpeg





シラサのカゴ釣りにもってこいの大きさ。




詳細
https://store.shopping.yahoo.co.jp/yamakishi/item_convert.html?store_id=yamakishi&page_key=4906648002771






削る必要無さそう。





イレクターやスペーシアに比べ加工も楽そう。





気が向いたら作ろうかな!




で、マダイの方はと言うと。




3月の水温なかなかの11度台継続。ガーンと上がる気配なく、ホンマゆっくり上昇。





とっとでマダイがチラホラ上がり出したので、やっぱり平磯は4月に入ってからかな。





岬町あたりの水温
image.gif





奥に位置する平磯とはタイムラグがあるし、もうちょっとガマンかぁ。

posted by 中井 祐介 at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

本日もノースポン‼️

ホンマ懲りない男‼️




天気予報は爆風、西風。





どうする?行くのか?やめるのか?





とっとパークでマダイ釣れたみたいやし、やっぱり行こうっと!





で、今日は電車釣行。





13時〜17時平磯GO‼️
image.jpeg





若潮
image.png





14時頃から西風爆風やん。イイ練習にはなるけど。シーズン中もこれくらいの風ならヘッチャラ!






何度かエサは取られるものの結局ノースポン‼️






周りにカゴ師二人おったけどどうやったんやろう?





手返しアップのこれ、バッチリ。
image.jpeg






チャリコ用針外し作ったけど出番なし。
image.jpeg






収穫と言えば職員さんに「手返しくん1号」のアイデアを褒められたくらい。わかってくれてありがとう!
image.jpeg






垂水駅までトボトボ、夕陽がキレイ。
image.jpeg






また次回懲りずにGO‼️
posted by 中井 祐介 at 18:19| Comment(2) | カゴ釣り回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

さらに手返しアップ‼️

先日「手返しくん1号」初出動しましたが、ひとつ気になるポイントが!




しゃがまずカゴにシラサを入れられる。
image.jpeg




前はこう
image.jpeg




手返しの速さは一目瞭然!




基本動作として
1.キャスト
2.回収
3.針にシラサを付ける
4.カゴにシラサを入れる
5.カゴに付け餌を入れる
6.再度キャスト



先にシラサの付け餌‼️その後カゴにシラサ‼️





仮に付け餌をエビクーラーに入れて、カゴにシラサを入れるとネットに付け餌が引っかかってしまう。






なので付け餌を一旦下に降ろし、カゴにシラサを入れてハリスを手繰って付け餌をカゴに入れる。
image.png





手繰る手間がもったいない。




さらなる時短。




ここにポケットがあれば付け餌を置いとける。その後カゴにシラサを入れ、同時に付け餌もカゴに収納すると、もっと手返しが良くなるはず。
image.png





で、塗り薬の容器をマジックテープで付けてみる。取り外し可能。
image.jpeg
image.jpeg





言ってる意味がわかりにくいかも知れませが、とにかく手返しが良くなってるんです。





ちょこっと便利アイテムと言う事て。大した事じゃないけど。





目指せ流れるようなルーティン!







全てはウキスポンの為!




また色々考えよっと‼️
posted by 中井 祐介 at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春は厳しい釣果‼️

まだ水温は12度、あと1度あがれば何とかなりそう!



でも待てないけど(笑)




2014年9月から通い出した平磯。





翌2015年4月から5月にかけてはそこそこ釣れた記憶がある。





それ以降の春はなかなか厳しい釣果が続いてる。やっぱり秋10月、11月がベストシーズン。誰でもウキスポンを経験出来、春に撃沈っていうのがパターン。





春は単純にマダイの数が少ない。





シビアな戦いを強いられる。





要因として暖かくなると南風をモロに受ける。仕掛けが飛ばない。あと西流れ時の2枚潮、これが厄介であまりヒドイようなら流れ自体良くても全く釣れない。以外とみんな気づいてないけど。東に流れ出すと底潮が動くので、狙いを東流れに変えるのも手。が、東流れは大、中、若潮しか流れないし、流れる時間が短い。小、長潮の時はほぼ西流れになるので2枚潮が一日ってこともある。





南風と2枚潮、マダイのが少ない上に2つの障壁。





2枚潮は水温とリンクしているので今年はどうなのかまだ読めない。が、南風は必ず吹くので南に向いてる平磯にとっては脅威。





なんとか春から釣りたいものだか。




でも週イチで行くけどね!




posted by 中井 祐介 at 08:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

本日ノースポン!

本日も淡い夢を抱き平磯GO!




13時〜17時10番→9番店開き。




が、ノースポン。しかもエサすらかじられもせず。完全敗北チーン⤵︎





やっぱり水温もうちょいか。




潮は中潮エエ潮やったのに。
image.png





ただ収穫もあった。




一昨日作ってたこれ
image.jpeg




名付けて「手返しくん1号」




どう使うかと言うと、このように固定。
image.jpeg
image.jpeg






その上にエビクーラーをオン‼️
image.jpeg





不安定じゃない?





大丈夫、ステンパイプさえガッチリ欄干に固定出来れば、エビクーラーは重いので安定する。






クーラー裏のチョボの内側にパイプを持ってくればオッケー!
image.jpeg






夕方風速5〜6mくらい南風が吹いていたが、ビクともしない。もちろん4時間置いててもなんちゃない!





何よりかがまずにシラサを入れられる。手返しが速い。
image.jpeg






強度があるので、2本のパイプの幅を変えると大きめのクーラーも対応可!





持ち運びもパイプ2本だけ、楽チン。パイプの上に板を乗せるとさらにベストだが、電車釣行も視野に入れるとこれでいい。





2018年自作の積み残し、これでゼロ。





あースッキリ!



posted by 中井 祐介 at 21:25| Comment(0) | カゴ釣り回想録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

手返しをスムーズに‼️

カゴ釣りはどうしても手返しが悪い!





仕掛けもゴツいし、ハリスも長い。





平磯での配置はこんな感じ。
image.jpeg





仕掛けを回収し、次はかがまないとカゴにシラサを入れられない。腰に負担もかかるし、時あいにタイムロスは痛い。





何かイイ手はないか?かがまずにシラサをカゴに入れたい。欄干の位置にエビクーラーがあれば手返しも速くなるのでは。





以前も考えたが、どうも大げさな棚受けになってしまった。シンプルに考えて、持ち運びも楽にしたい。




こんなを作って見ました。パイプに穴を開けただけ。
image.jpeg




これならロッドケースにも収納可。





家のベランダの欄干に掛けてみると。いい感じ。
image.jpeg





2本平磯の欄干にセットし、この上にエビクーラーを置くつもり。





平磯の欄干の外径測ってないけど。どうやろか?




エエ潮はほんま一瞬!




posted by 中井 祐介 at 19:16| Comment(2) | 自作 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする